琉球國祭り太鼓とは?

  • 「琉球國祭り太鼓」は沖縄のエイサーをベースに、空手の型を取り入れた独自の振り付けとダイナミックなバチさばきで、
  • 今や沖縄を代表し、若者に圧倒的な人気を誇る太鼓集団です。
  • 昭和57年に沖縄市の泡瀬を中心とした若者達によって結成されて以来、沖縄が大切にしてきた「迎恩」の心をうちひびかせてきました。
  •  
  • 2009年現在、会員数は沖縄県内に名護、宜野座、うるま、沖縄、西原、与那原、那覇、豊見城、糸満、石垣、宮古の11支部約300名。
  • 県外では北海道、宮城、長野、福井、東京、埼玉、神奈川、岐阜(岐阜西濃)、愛知、栃木、滋賀、 京都、奈良、兵庫、大阪、香川、
  • 愛媛、徳島、広島、長崎、 熊本(天草)、 福岡(柳川)、大分、佐賀、宮崎、鹿児島(沖永良部・種子島)、
  • そして海外ではアメリカ(ワシントンD.C、ロサンゼルス、テキサス、ヒューストン、ノースカロライナ、ジャクソンビル、ハワイ)、
  • ブラジル、アルゼンチン、ペルー、ボリビア、メキシコにも支部があり、総勢約1500名あまりの世界規模での広がりを見せています。
  •  
  • 活動も沖縄県内のイベントはもちろん、県外、海外でも活動を広げ、東京国立劇場やニューヨークカーネギーホールといった大舞台をはじめ、
  • ヨーロッパ、オーストラリア、シンガポール、インドネシア、中国、台湾など国際的にも活躍しています。
  • 1998年2月には「長野オリンピック文化芸術祭」、 同年8月にはアルゼンチンにて開催された「沖縄県人南米移住90周年記念祭」にも、沖縄から
  • 30名のメンバーが参加。さらに2005年8月には、日本では35年ぶりとなる国際博覧会「愛知万博 愛・地球博」の公式イベント“地球大交流祭”に、
  • 7日間の日程で参加。 愛・地球広場のメインステージにて連日1時間にわたる公演を行いました。
  • 会員一同、沖縄の文化を世界にと、新たなる感動の創出に取り組んでいます。

そもそもエイサーとは?

  • エイサーとは、沖縄の盆踊りのことです。
  • 沖縄では、旧暦13日のウンケー(お迎え)で先祖の霊を迎え入れ、14日のナカヌヒー(中の日)を経て、15日のウークイ(お送り)には
  • 親族が集まり先祖の霊を送り出します。
  • 従来は、最終日であるウークイの日にエイサーを行っていましたが、今はウンケーから数夜連続で行われることが多いです。
  •  
  • エイサーと言うと、一般的には太鼓エイサーを指します。
  • 琉球國祭り太鼓は、この伝統的なエイサーから、人に魅せるための踊りを重視するように移行していった創作エイサーです。
  • 主な演舞道具として、「大太鼓」や「締太鼓」、「パーランクー」があります。
  • 「大太鼓」は、赤塗りが目立つ、その名の通り大きな太鼓です。黒い衣装を着て、男女関わらず持ちます。
  • 「締太鼓」は黄色い衣装を着た男性が持つ、片手で持てる太鼓です。男性はこれをダイナミックに振り回して踊ります。
  • そして、女性の持つ、それよりもさらに小さな「パーランクー」があります。こちらはタンバリンほどの大きさとなっています。
  • 太鼓の踊り手の他にも、高さ3メートルほどの旗を数人で持つ「旗頭」など、様々な役割があります。
  • 加えて、琉球國祭り太鼓では空手の型を取り入れているので、それらの演舞を行う者もおります。

祭り太鼓に入りたい……!

どこに支部があるの?

 上記にも書きましたが、日本全国に支部があります。

 たまたま大阪支部を見ただけという、遠路からお越しになられた方は、地元の支部がないか確認してみてください。

 当サイト上部の「リンク集」から各支部のサイトに行けます。

(サイトのない支部もあります。こちらは、本部のサイトを参照してください。)


大阪支部にどうしたら入れるの? 入部の条件は?

「大阪支部紹介」のページ右下に記載してありますのでご覧ください。

inserted by FC2 system